緑茶コーヒーダイエットの効果とレビュー

飲むだけで痩せると評判の「緑茶コーヒーダイエット」が本当に痩せるのか、チャレンジしてその効果をレビューします。

作り方と飲み方と効能と注意点

緑茶コーヒーの作り方は非常に簡単で、緑茶とコーヒーを1対1の割合で混ぜて、1日3回、250ccから350ccを食事前に飲むだけです。

効能としては、緑茶に含まれる「カフェイン」と「カテキン」、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」「カテキン」に脂肪燃焼効果があります。

緑茶とコーヒーを混ぜることで、カフェインに含まれる成分「エピガロカテキンガレート」が糖質の吸収を遅らせ、血糖値が上昇するのを防ぐ効果があるため、お茶とコーヒーを別々に飲むのではなく、緑茶とコーヒーを混ぜることでダイエット効果が得られるという。

使用するのは、お茶やコーヒーは、インスタントでもペットボトルでも何でもよいが、注意点として、糖質などが入ってものはNGである。

スポンサードリンク

味の感想

ブラックコーヒーが苦手な人でも、お茶を加えることで苦みが減り、少し飲みやすくなる。

ただし、混ぜると美味しくなると言うわけでもないので、ダイエット効果が無ければ、わざわざ混ぜてまで飲みたいと思う味ではない。

緑茶コーヒーダイエットの結果

3ヶ月間やってみたのですが、私の場合は、ほぼダイエット効果はありませんでした。期間が短かったのか、体質的に合わなかったのか、原因は分かりません。

また、コーヒーとお茶は別々に飲んだ方が美味しいと思うので、「緑茶コーヒーダイエット」は3ヶ月で断念しました。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク