後妻業-本多芳則のネタバレ感想文

黒川博行の小説「後妻業」に登場する探偵・本多芳則のネタバレ感想文です。

後妻業-本多芳則のネタバレ感想文

本多芳則は、暴力団対策係(マル暴)の刑事だったが、犯罪履歴を街金に横流ししていたことが発覚してしまい、懲戒免職を迫られて、退職を余儀なくされた。

退職後は保険会社の契約調査員をしていたが、年収が激減したため、妻が子供を連れて出て行ったため、ホステスと同棲を開始し、ツテを頼って南栄総合興信所の探偵となった。

そのようななか、南栄総合興信所が弁護士から武内小夜子の依頼を受け、探偵・本多芳則が踏査担当となり武内小夜子の調査を開始する。

探偵・本多芳則は、武内小夜子が後妻業の女だと気づくと、武内小夜子を脅せば金になるのでは無いかと考え、依頼の調査を終えても、武内小夜子の過去を調べて続け、結婚相談所の柏木亨が共犯者だと突き止める。

探偵・本多芳則が柏木亨を脅すと、柏木亨は3000万円の支払いを約束したが、武内小夜子は弟・黒澤博司に拳銃で撃たれたうえ、武内小夜子は弟・黒澤博司に刺されて死に、柏木亨も警察に逮捕されたため、探偵・本多芳則は1円も得られないという結末に終わった。

保険会社の契約調査員が年収300万円、南栄総合興信所の年収が400万円なのだが、どちらも調査報告書を出して初めて金になるというので、歩合給のようだ。

情報を横流しして小遣いを稼いでいたのだろうが、小銭のために公務員という安定した仕事を失うなんで、もったいない。

後妻業 (文春文庫) [ 黒川博行 ]

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク