イーフットボールがセリエAとユベントスのライセンス終了【イーフト】

コナミのサッカーゲーム「イーフットボール(イーフト)」が、セリエAとユベントスのライセンス契約を終了した事が分かりました。

コナミは2022年6月22日付けで、「この度、イタリアのセリエ A、並びにユヴェントスとの契約を終了することとなりました」と発表しました。

イーフットボール2022に関しては、ライセンスが継続するようで、ユヴェントスが偽名になることはなさそうです。

ライセンスが終了したとしても、ドリームチームで既に取得している選手に関しては、今度も継続して使用できるので、ユベントスの選手で欲しい選手が居る人は今のうちに取得しておきましょう。

また、セリエAについてはチームごとのライセンスになっているはずなので、ナポリ、ローマ、アタランタ、ラツィオについてはライセンスが継続するようです。

なお、ライセンス契約の終了したユヴェントスは、イーフットボールのライバルであるEAと契約しており、「FIFA23」から搭載される予定になっています。

スポンサードリンク

コメントを投稿する