イーフットボールのGP不足と契約更新の問題【イーフト攻略】

コナミのサッカーゲーム「イーフットボール(イーフト2022)」の選手の移籍と契約更新問題について考えてみます。

2022年6月29日にチェルシーの南野拓実がASモナコへの完全移籍する事が発表されました。

これで問題になるのが、イーフットボールでは選手の移籍がどういう扱いになるのかという点です。

当然、イーフットボールでも、南野拓実はチェルシーからASモナコへ移籍するのですが、既に取得済みのチェルシー版の南野拓実の扱いはどうなるのでしょうか。

おそらく、取得済みのチェルシー版の南野拓実は手元に残るのですが、ASモナコ版とは別カードという扱いになり、ライブアップデートはC固定になる可能性が大きいです。

つまり、ライブアップデートを重視する人は、選手が移籍する度に選手を取り直さなければならないという感じになることが予想できます。

イーフトのGP不足問題

選手が移籍したとしても、GPが沢山ある人は、選手を再取得すればいいのですが、GPが不足している人はどにもなりません。

私は戦術を変更したときに、選手を入れ替えたのですが、GPが足りないので、スタメンの11人すら揃っていません。

イーフットボールはGPの配布を絞っているので、1年後に選手の契約が切れると、おそらく、GP不足でチームを維持できずにゲームオーバーになると思います。

今はGPがある人も、無駄遣いをしているとGPが不足する可能性があるので、コスパの良い選手を混ぜつつ、GPを節約した方が良いでしょう。

スポンサードリンク

イーフトの契約更新権問題

契約の切れた選手を使うには、契約更新(60日)というアイテムが必要なのですが、契約更新(60日)は2万5000ポイントと高額すぎて購入できません。

イーフットボールはポイントの配布も絞っているので、今のペースなら、月に契約更新(60日)1個の購入も無理だと思います。

契約更新権で1年間の契約延長が出来るのかと思っていたのですが、60日なので、かなり厳しい設定だと思います。

しかも、コナミIDと連携しないとポイントが使えないようです。コナミIDと連携なんて言われても、そんな難しいことは分からないし、コインの使用は諦めました。

課金をし続ける人には関係ないのですが、無課金や微課金の人には、1年後の契約切れ問題は重大な問題なので、今のうちに対策を考えて置いた方が良いと思います。

スポンサードリンク

コメントを投稿する