イーフットボールのライブアップデートの罠【イーフトの移籍問題】

コナミのサッカーゲーム「イーフットボール(イーフト)」のライブアップデートの罠について紹介します。

イーフトのライブアップデートの罠

イーフットボールがシーズンブレイク期間に入り、実質的に遊ぶモードが無いので、日本人選手でも育てようとかと思って選手を探していたら、「イーフトの罠」に気付きました。

実は、イーフットボールは、同じ選手でも複数のカードが存在しています。

たとえば、久保建英だと、日本代表の久保建英と、マジョリカの久保建英の2枚が存在しています。

これで何が問題かというと、ライブアップデートです。

実は、日本代表の久保建英と、マジョリカの久保建英はライブアップデートが別なのです。

2022年5月22日の時点で、日本代表は活動していないので、日本代表の久保建英はライブアップデートがCです。

しかし、マジョリカの久保建英は、試合で不調だったようで、ライブアップデートがDなのです。

これから考えられる事は、久保建英がマジョリカから、他のチームに移籍した場合、別カード扱いになり、マジョリカの久保建英はライブアップデートがC固定になる可能性が大きいです。

ライブアップデートC固定で良いのなら問題はないのですが、ライブアップデートを重視する場合は選手が移籍する度に選手を再取得して、再育成しなければならない可能性があります。

現時点では、イーフットボール開始後に移籍した選手がいないので、確定した情報ではないのですが、選手が移籍すると移籍前のカードはライブアップデートC固定になるとみて間違いないでしょう。

そう考えると、長期的に見てライブアップデートB固定のレジェンドが最強という結論になりそうな気がします。

スポンサードリンク

コメントを投稿する