イーフットボールの最強の守備!ドリブルの止め方

コナミのサッカーゲーム「イーフットボール(イーフト)」で敵のドリブルを簡単に止める方法を紹介します。

イーフトできのドリブルを止める方法

イーフットボール2022は、プロデューサーが1対1を推している関係で、全然パスが通らず、ドリブルで相手を抜いていくという仕様になっています。

そして、ディフェンス側は相手の動きについて行けないうえ、相手のドリブルにも追いつけない仕様になっているので、守備時は何もできません。

キーパーがドリブルで敵陣まで攻め上がり、シュートを打って点を取ることが出来る。それがイーフットボール2022のゲーム性です。

とにかく、普通に遊んでいれば、イーフットボール2022は相手のドリブルを防ぐことができないのですが、実は簡単に相手のドリブルを防ぐ方法があります。

それは「スライディング」です。

普通に守備をしていると、相手のドリブルに対応できないのですが、スライディングをすると簡単に相手のドリブルを止めることができます。

特に守備のコツも無いし、テクニックも必要ありません。デススラでも何でも良いので、スライディングをすれば、簡単に相手のドリブルを止めることができます。

イーフットボールは、ウイイレ時代から審判の判定はおかしいので、デススラをしてもカードはほとんど出ません。ペナルティーエリア内のスライディングもほとんどカードは出ません。

勝ちたければ、どんどんデススラをすると良いでしょう。面白いほど簡単に相手のドリブルを止める事ができます。

ただし、この方法には注意点があります。

スポンサードリンク

イーフトのスライディングの注意点

イーフトボールはスライディングで簡単に相手のドリブルを止める事ができるのですが、注意点があります。

それは、スライディングをやり過ぎると、面白くないということです。

自分がスライディングをしても、簡単に相手のドリブルを止められるのですが、反対に相手がスライディングをすると、自分のドリブルが簡単に止められてしまいます。

スライディング以外にドリブルを止める方法が無いので、仕方の無いのですが、スライディングを乱発すると、サッカーゲームとしては全く面白くありません。

ただ、ウイイレのユーザーは、勝てば何でも良いという感じの人が多く、ずっどキックオフフラスルばかりやる人も居るので、イーフットボール2022はスライディング合戦になると思います。

スポンサードリンク

コメントを投稿する