イーフットボール2022の評価と感想と改善点

コナミのサッカーゲーム「efootball2022(ウイイレ2022)」の評価と感想です。

今回、評価するのは、2021年9月30日に発売されたPS4版のイーフットボール2022のバージョン0.9.0についてです。

イーフト2022はログインの負担が減った

ウイニングイレブンの時代は、ソフトを起動する度に、毎回、トップページからログインしなければならなかった。

PS4のスタンバイから復帰しても、毎回、トップページからログインしなければならず、毎回のログインが非常にウザったかった。

しかし、イーフットボール2022は、PS4のスタンバイから復帰すると、終了した時の画面から再開できる。

オンライン対戦の場合は無理だが、COM戦なら試合の途中にスタンバイモードで終了すると、試合の途中から復帰できる。

これは、毎日のログインするときの負担が減るので、ウイイレからの大きな進歩であり、十分に評価できる。

スポンサードリンク

イーフト2022はユーザーフレンドリー

試合時間の「昼」の設定はまぶしくて、目が痛くなるほど画面が見づらいにも関わらず、ウイイレ時代は、オンライン対戦の初期設定が「昼」だったので、昼設定のままプレーする人も多かった。

昼間の設定で試合をしていると、目が痛くなるので、インターネット上でコナミを批判する声も多かったのだが、コナミは頑なに「昼」設定を続けて、ユーザーにストレスを与え続けてきた。

しかし、イーフットボール2022は、初期設定が「夜」になっており、非常に見やすい画面だった。
これは大きな改善であり、コナミがユーザーフレンドリーに方針を転換した証ではないか。

だとすれば、ガチャ以外の企画は何もしないコナミの運営方針も変わり、イーフットボール2022はイベントなども期待できるのではないか。

イーフト2022のグラフィックの評価

グラフィックについて「PS2レベルだ」などと批判が相次いでるようだが、サッカーゲームとして最低限のフラフィックはクリアしているので、それほど大きな問題ではない。

公式情報ではないが、イーフト2022のグラフィックはウイイレ2020/2021を再利用して、アニメーションを増やしたものらしい。

これも公式情報ではないが、PS5とパソコン版に関しては、後からパッチがリリースされ、次世代機用のグラフィックにアップグレードされるらしい。

PS4に関してはハードの限界で、次世代機用のグラフィックは無理らしい。

グラフィックが綺麗になれば、ゲームが面白くなるわけではないし、最低限度の基準はクリアしているので、イーフト2022のグラフィックで十分だと思う。

グラフィックに関しては、アップデートで改善していくと思うので、それほど大きな問題ではない。

スポンサードリンク

イーフト2022のゲームプランの評価

イーフト2022は試合前のゲームプラン(戦術画面)が酷い。歴代でも最低だ。

とにかく見にくいし、ポジションの微調整もしにくいし、選手の交代もしにくい。

ウイイレ時代はフォーメーションが縦だったのに、なぜ横にするのだろうか。

そのうえ、PS4に関してはゲームプランの画面が重い。COM戦でも、ゲームプランはボタンが反応しないくらいに重いので、回線の問題ではなく、PS4が処理できないくらいに重いのだと思う。

PS4では重すぎて、ゲームプラン(戦術画面)を開く気にもなれない。画面が重すぎるので、選手が不調でもいいと思ってゲームプランをスキップして試合をしている。

現在は負けてもレートに影響が無いので、ゲームプランをスキップしてるが、レートに影響が出るマイクラブでもゲームプラン画面が重いのなら、マイクラブをやるのは厳しいと思う。

このゲームプラン画面については、早急に改善してリニューアルするべきである。

イーフト2022のAIの評価

ウイイレからイーフットボールになって、攻守ともにAIが大幅に向上した。

中盤の守備に関してはAIのマークが厳しいうえ、パスコースを切るポジショニングをしている。

しかも、ウイイレ時代のAIは目の前をボールが通過しても無視していたのだが、イーフットボールではAIが足を出して、パスをカットするようになった。

このため、イーフットボールではパスが難しくなっている。マークも厳しいので、どフリーの味方へのパスでなければ、パスは通らないと考えた方が良い。

ウイイレなら通っていたパスが全て通らなくなっているので、「ウイイレ脳」のままだとイーフットボール2022は勝てないと思った方がよい。

ただし、DFのAIは全くダメで、DFと中盤の間のバイタルエリアがスカスカになっている。

DFの操作方法が悪いこともあり、DFに関しては最悪のサッカーゲームとなっている。

一方、攻撃に関しては、AIが積極的に動くので、選んだ戦術にそった動きをしてくれる。

ウイイレにあった操作していない味方を動かす「チームメイトムービング」が無くなったが、カウンター系の戦術を選べば、「チームメイトムービング」が必要無いほどに、味方のAIのいいタイミングで上がってくれる。

また、FWにパスを出そうとした瞬間に、FWがオフサイドを気にして引き返し、パスが繋がらないという謎の挙動も無くなった。

DFの動きが悪いのは操作方法が改悪された部分が大きいので、AIだけを評価すれば、イーフットボール2022は、全体的にAIが向上しているので、AIは評価できる。

スポンサードリンク

選手の動きが重い

イーフト2022は選手の動きが重い。リアルな動きを取り入れたので、重心などの概念が入り、選手の反応が悪く、動きはとにかく重い。ウイイレ時代のキビキビした動きはない。

ダッシュしている選手をターンさせるため、反対方向にキーを入力すると、3歩くらい走って、ようやく止まるという感じで、非常に操作感が悪い。

さらに、選手の体勢が悪かったり、走りながらパスを出すと、パスミスになるので、体勢も注意しなければならない。

それに、パスを出しても、ワンテンポ遅れてからパスを出す。

イーフト2022は、リアルになったかもしれないが、ウイイレ時代の爽快さを捨てているので、ゲームとしては面白くない。

イーフトは事故ゲー

ウイイレ2020は、パスカットしてもボールを弾いて、ボールが相手に渡ってばかりで、面白くなかったが、イーフト2022もボールをよく弾くし、トラップをしてもボールの収まりが悪いので、面白くない。

それに、選手同士がぶつかって倒れるので、ウイイレ時代の事故ゲーを進化させた感じで、勝っても負けても面白くない。

ディエンスの操作性が悪い

イーフト2022は「1対1」に焦点を当てているため、ウイイレ時代に合った×プレスと□プレスが無くなり、ディフェンス面は大幅に改悪となった。

選手の動きが重い事もあり、DFに関しては、非常にやりにくい。

L2ボタンで相手を追いかけても、追従性が悪いので、ズレてしまう。

さらに、動いているDFにカーソルチェンジすると、DFが一瞬、硬直するウイイレ時代のバグが直っていない。

操作方法の評価

ウイイレ時代から操作方法が変更され、かなり複雑になった。

操作面に関しても色々と指摘する点はあるが、LRボタンに重要なボタンを配置しているのは問題だと思う。

L2を押しながらL1を押したり、R2からR1に素早く切り替えたりするシーンも出てくるので、4つのLRボタンを人差し指だけでカバーするのは難しいだろう。

だから、L1R1に人差し指を置き、L2R2に中指を置く「カニ持ち」ができなければ、イーフト2022は難しいかもしれない。

とにかく、イーフトは操作が複雑で、簡単な操作でスーパープレイが出来るというウイイレの良さが無くなっている。

運営に期待できない

イーフットボールが炎上するのは、仕方ないと思う。コナミの考え方はズレていると思う。

たとえば、イーフットボールの発売当日で、色々なチームを使いたい時期に、オンライン対戦で1チームを選んで、チームを変えられないという縛りがある。

色々な選手の能力や操作感を知りたいのに、1度チームを選んだら変更できないという仕様はおかしい。

ウイイレが衰退してきたのは、ライセンスやゲームの内容だけの問題ではないと思う。

作り手とユーザーの考え方が乖離しているのだと思う。

ハッキリ言って、発売日の炎上は発売前にプレイすれば予想できるレベルなのだから、コナミはウイイレのユーザーをアドバイザーとして数人は雇うべきだと思う。

そうすれば、今回の炎上も起こらなかっただろうし、イーフットボールも面白くなると思う。

イーフト2022のサッカーゲームとしての評価

イーフト2022は、リアル路線に進んだせいで、スピード感も無いし、爽快感もない。

ウイイレ時代の良い所を全部捨てて、ウイイレの悪いところだけを寄せ集めたようなゲーム性だ。

確かにAIが向上しているので、初心者には少しハードルが高いが、ある程度、やりこめば、パスサッカーも出来るし、ドリブルサッカーも出来るようになって面白くなる事は確実だ。

しかし、DFの操作性が悪いし、事故ゲーの要素が強いので、ストレスが溜まり、ゲームとして面白くない。

私はウイイレを年間1000試合以上してきたが、イーフト2022は数試合で飽きた。

やりこめば面白くなるかと思って1週間、頑張ってみたが、事故ゲーの要素が強いので、勝っても負けても面白くないと感じだった。

私はもう、イーフト2022は諦めて、来年のイーフト2023に期待するのだが、操作方法をコロコロ変える事はないだろうから、2022の操作方法のままなら、イーフト2023も期待できないと思う。

イーフトの運命はアプリユーザーが握る

イーフト2022は据え置き機のユーザーに受け入れられず、発売日に炎上したのだが、据え置き機なので、ユーザーが減ったとしても影響は少ないだろう。問題はアプリだ。

アプリのユーザー数は、据え置き機の10倍、20倍と言われているので、イーフト2022の運命は11月に配信されるアプリがスマホユーザーに受け入れられるかどうかにかかっている。

スポンサードリンク

コメントを投稿する