イーフットボール(イーフト)とFIFAはNFTゲームを導入するべき

サッカーゲーム市場にもNFTゲームの波が押し寄せているので、イーフットボール(イーフト)とFIFAはNFTゲームを導入するべきだ。

NFTゲームとは

まず、NFTゲームについて簡単に説明します。

NFTとは、ビットコインやリップルなどの仮想通貨(暗号資産)などが使うブロックチェーンという技術のことです。日本語では「非代替性トークン」と呼ばれているのですが、難しい事は理解しなくても大丈夫です。

それで、NFTゲームとは、NFTを利用したゲームの事で、「ブロックチェーン・ゲーム」と呼ぶ事もあります。

スポンサードリンク

NFTゲームになると出来ること

イーフットボールがNFTゲームになると、何が出来るようになるかというと、コインで選手を売却したり、レンタルしたりできるようになります。

たとえば、ルンメニゲが要らない人は、ルンメニゲを欲しい人に売却したり、レンタルで貸し出したりして、コインを稼げるようになるということです。

さらに、NFTゲームは、そのコインを現金に換える事が出来るので、ゲームをやりながらお金儲けが出来るようになります。

NFTゲームは世界的に普及し始めていて、サッカーのカードゲームでは「sorare(ソラレ)」が普及しており、「モバサカ」を作った会社もjリーグのライセンスを取得したNFTサッカーゲームを制作中です。

さらに、イーフットボールやFIFAのようなタイプのNFTゲームでは、「GOALS(ゴールズ)」というサッカーゲームの発売が予定されています。

NFTゲームは、単なるゲームと馬鹿にする事はできず、年間1000万円以上を稼いでいる人や、毎月の月給分を稼いでいる人が大勢居るそうです。

イーフットボールをNFTゲームにしたい

イーフットボールをNFTゲームにして欲しいが、可能性は低いと思うので、可能性があるならFIFAの方かも知れない。

ただ、「GOALS(ゴールズ)」はNFTゲームになることを表明しているので、「GOALS」の発売を待つのが一番早いと思う。「GOALS」の発売が待ち遠しい。

スポンサードリンク

コメントを投稿する