eFootball(イーフットボール)は実名登録でオワコン

コナミのサッカーゲーム「eFootball(イーフットボール)」は、中国でオワコン化してしまう可能性が浮上した。

イーフトが中国でオワコンの予感

なぜイーフットボールが中国でオワコン化するかというと、中国政府がネットゲームの依存症を防止するため、18歳未満に対するネットゲームの規制に乗り出したからだ。

18歳未満に対してオンラインゲームを提供できるのは、金曜日、土曜日、日曜日と祝日の午後8~9時に限定される。

つまり、18歳未満の子供は、祝日を除けば、1週間に3時間しかオンラインゲームをできないことになる。これに伴い、ユーザーは実名登録を義務づけられる見通しだ。

中国では若者のゲーム依存が問題化しており、中国政府は今後もオンラインゲームの規制を強化するものと考えられる。

スポンサードリンク

実名登録でオワコンだろ

中国政府は、2019年にオンラインゲームの平時1時間30分、週末は3時間に規制していたのだが、さらに規制を強化してきた。

実名登録をしてまでイーフットボールをやりたいと思わないし、1週間に3時間しかできないのなら、中国のイーフットボールはオワコンになるだろう。

しかし、中国人は、こんなに面白いイーフットボール(ウイイレ)が週に3時間しか出来ないなんて、可愛そうだ。

スポンサードリンク

コメントを投稿する