ブログはオワコン!Googleがインデックスしてくれない

以前からブログのオワコン論が指摘されていたのだが、ついにブログのオワコン時代が本当に到来した。

というのも、ブログというのは、Googleにインデックスされなければ検索されたされず、アクセスが発生しないシステムである。

昔は記事を公開したらGoogleがインデックスをしてくれたのだが、今はインデックスに時間がかかったり、そもそもインデックスすらしてくれなくなった。

既にある程度の規模を誇るサイトは、今も直ぐにインデックスされるのだが、私の弱小ブログなどは全くインデックスされない。

仮にインデックスされたとしても、時間がかかるので、時事ネタなど書いても、インデックスされたころには話題が終わっているという始末である。

これは私のブログだけでは無く、多くの弱小ブログがインデックスされない問題というのに直面しており、本格的にブログはオワコン時代を迎えたと言われている。

私も何時間もかけて書いた記事が全くインデックスされないままで、時事ネタということもあり、情報が腐っており、もう情報を更新するモチベーションが無い。

たとえば、この「サッカーゲーム「UFL」の評価と感想」や「eFootball(ウイイレ2022)のリーク情報」など莫大な時間を掛けて更新したが、全くインデックスされないままで、情報の鮮度が無くなってしまった。

ネットで公開されている情報を手がかりに、色々と試してみたが、何をやってもダメだった。

まだ気付いていない人も居るのだが、インデックスされない問題が表面化してくれば、ブログを始める人は居なくなるだろうし、ブログを止めていく人は増えてくるだろう。

スポンサードリンク

コメントを投稿する