eFootball(ウイイレ2022)のリーク情報

コナミのサッカーゲーム「eFootball(イーフットボール)」のリーク情報や噂を紹介します。新しい情報が入り次第、更新していきます。

なお、コナミは「ウイニングイレブン(ウイイレ)」の使用を止め、「eFootball(イーフットボール)」に統一しています。eFootballが実質的にウイイレ2022になります。

eFootball(イーフットボール)の確定リーク情報

  1. eFootballは、基本料無料である。定期的なアップデートとシーズンアップデートを行う。ゲームモードの追加やイベントの開催も行う。
  2. 将来的に特定のゲームモードはDLC販売となる。欲しい人は欲しいゲームモードを購入してユーザー体験を構築する。
  3. eFootballは、全てのユーザーに公平でバランスの取れたシステムを提供する。
  4. eFootballは、ウイイレアプリの成功を背景にしており、ウイイレアプリの方式を全ての機種に適応させた。
  5. しかし、eFootballは、据え置き機向けに制作したゲームであり、それをスマホで動くようにしたものである。
  6. eFootballは、PS4・PS5・XBOX・PC・スマホに対応する。クロスプラットフォームで、各機種で見た目が同じになるように調整した。
  7. ウイイレで使用していたフォックスエンジンを廃止し、アンリアルエンジン4をカスタマイズしたものを使用しており、「モーションマッチング」と呼ばれる技術を開発した。
  8. 「モーションマッチング」は、プレーヤーがピッチ上で行う幅広い動きを一連のアニメーションに変換し、リアルタイムで最も正確なものを選択する。
  9. 「モーションマッチング」は、PS5からスマホまで全てのeFootballに適用され、ウイイレの4倍以上のアニメーションが追加される。
  10. eFootballが目指す「フォトリアリズム」は現実世界の再現である。
  11. PS5の性能は素晴らしく、eFootballは次のレベルに近づいているが、様々な制約から、次のレベルの実現は難しい。
  12. eFootballは、操作方法の一部を変更した。非常に大きな決断だが、ボールの奪い合いをリアルに表現し、ユーザーの意図を反映させる。
  13. eFootballは、オフェンスの操作方法を新しくした。ディフェンスの操作方法も「マッチアップ」「フィジカルディフェンス」を追加した。
  14. eFootballは、人対コンピューターではなく、人対人(オンライン対戦)に合わせてゲーム調整をした。
  15. eFootballの売りは、1対1の攻防だ。
  16. アプリ版はゲームコントローラーに対応し、コントローラーを使用することにより、クロスプラットフォームで対戦できる。
  17. オフラインモードは追加DLCで購入することになる。
  18. ウイイレアプリはアップデートでeFootballにバージョンアップする。ウイイレアプリの資産は引き継がれる。
  19. eFootballは、アプリと据え置き機でデータを共有できる。アプリでチームを管理して、PS5やPS4で試合をするとことが出来る。
  20. マイクラブの新名称は「チームビルドモード」
  21. 選手はガチャではなく、マッチパスで得られるアイテムで選手を指定して取得する。
  22. 「チームビルディングモード」は、好きな選手を取得しやすくして、試合に専念できるようにする。
  23. サーバーは全プラットフォームで共通で、全世界共通となり、全世界の相手と対戦できる。
  24. マッチングの条件には、様々な条件をしていできるようになる。スマホとの対戦も拒否できる。
  25. eFootballのゲーム内容については、2021年8月下旬に公開する。

スポンサードリンク

eFootball(イーフットボール)のリーク情報

  1. コナミが重要視しているのはマイクラブのユーザー数の維持とマッチングの速度である。
  2. クロスプラップフォームは性能の低い方の機種に合わせる。
  3. PS5がスマホが対戦する場合、PS5側の画面はスマホの画面になる。
  4. クロスプラップフォームはオフに出来る。
  5. グラフィックはウイイレ時代から向上するが、当初、宣伝していたような次世代機の性能を十分に発揮するものではない。
  6. 次世代機(PS5やXBOX)の性能を発揮したいのであれば、オフラインで遊ぶしかない。
  7. アンリアルエンジンを最大限に生かすため、次世代機(PS5やXBOX)用のパッチが追加される。追加時期は不明。有料か無料かは分らない。おそらくDLC販売となる。
  8. ウイイレ時代のマスターリーグは実装される。名称は不明。DLC販売となる。
  9. エディットモードはある。
  10. ウイイレ時代の通信方式はP2Pだったが、eFootballは専用サーバーとなる。
  11. オンラインβテスト版は、専用サーバーのテストに使用され、非常に良い結果が得られた。
  12. コナミは無料化とクロスプラットフォームを発表して世界中から賞賛されると思っていたが、ユーザーから批判が相次いで困惑している。
  13. PC版にもパッチが追加され、次世代機と同じグラフィックが表示できるようになる。
  14. クロスプラットフォームは設定でoffにできる。
  15. クロスプラットフォームでの対戦は性能の劣るデバイスに合わせるので、PS5とスマホが対戦したら、画面はスマホの画面になる。PS5側もスマホの画面になる。
  16. クロスプラットフォームは、「次世代機同士」の対戦を選べる。
  17. オンラインテスト版は初期ビルドであり、製品版は飛躍的に進化している。DFのAIは飛躍的に向上している。
  18. eFootballは、ボールを持っていない選手のAIも向上しており、積極的に動く。
  19. eFootballはウイイレアプリを進化させたものではなく、ウイイレ2020/2021を進化させたもので、ゼロから作り直したものではなく、ウイイレ2020/2021を再利用している。
  20. eFootballのアプリは、PS5版よりも劣化している。グラフィックの劣化だけではなく、AIや物理演算の処理も劣化している。
  21. ウイイレ時代のマイクラブは名称が変更され、新機能が追加される。

スポンサードリンク

コメントを投稿する