サッカーゲーム「UFL」の評価と感想

「FIFA」や「eFootball(イーフットボール)」に継ぐ第3のサッカーゲーム「UFL」の最新情報です。

サッカーゲーム「UFL」の概要

「UFL」を制作するのは、2016年に設立されたヨーロッパ(ベラルーシらしい)の会社「Strikerz INC(ストライカーズ・インク)」で、「UFL」の開発に5年をかけている。

ストライカーズは開発に先立って、市場調査を実施し、ユーザーのニーズと需要を分析して、ウイニングイレブンやFIFAの長所や短所を把握し、完全なサッカーゲームというビジョンを満たす全く新しいサッカーゲームを制作する。

ウイニングイレブンやFIFAは、莫大な遺産にとらわれ、新しいシステムを導入せず、ユーザーは常に不満を漏らしていた。

UFLの開発者は、サッカーファンであり、サッカーゲームのユーザなので、UFLはユーザーの希望を具体化した新しいサッカーゲームとなる。

スポンサードリンク

UFLの目標

UFLは、単なるテレビゲームではなく、強力なスポーツブランドを構築し、テレビゲームを中心に、Eスポーツ、ファッション、音楽などを展開する。

サッカーゲーム「UFL」
画像出典:サッカーゲーム「UFL」

「UFL」はフェア・トゥー・プレイ

フリープレイのゲームは「ペイ・トゥー・ウイン」というシステムが多い。「ペイ・トゥー・ウイン」とは課金を多くした方が勝利しやすいというゲームシステムである。

これに対して、「UFL」が掲げる「フェア・トゥー・プレイ」とは、課金の要素が一切、勝敗に影響を与えないという意味で、「ペイ・トゥー・ウイン」の正反対のゲームシステムである。

「UFL」は、スキルファーストであり、勝利を左右する要素はユーザーのスキルだけである。

「UFL」の課金要素は、装飾品のみであり、課金の要素は一切、勝敗に影響を与えない。

スポンサードリンク

UFLの最新情報

UFLはオンラインゲームを中心にしている。PS4、PS5、XBOXなどの主要な据え置き機で発売する。スマホ版、モバイル版は用意していない。PC版は検討している。任天堂switchでは発売しない。

詳細は不明だが、オフラインモードは準備している。

UFLは、サッカーのシミュレーションゲームだが、フットボールマネージャーのようなゲームではない。

海外ではウイイレやFIFAもシミュレーションゲームと呼ばれるので、UFLもウイイレやFIFAと同様に選手を操作するサッカーゲームになると考えられる。

UFLはフリープレイ(基本料無料)となる。課金は装飾品のみとなり、課金の要素は一切、勝敗に影響を与えない。勝敗はユーザーの判断とスキルによって決まる。

UFLはアンリアルエンジン5を使って制作している。

UFLは、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と契約しており、ライセンスのある選手5000人以上のライセンスを取得し、選手の分析はスポーツパフォーマンス分析会社「InStat(インスタット)」と提携している。

UFLは、ウイイレやFIFAとの競争には参加しない。Eスポーツの準備をしている。開発チームにはプロプレイヤーも居る。

UFLには、2対2や3対3といった複数人同士で戦うモードがある。詳細は不明だが、ウイイレ(イーフットボール)のCO-OP(コープ)に相当するゲームモードになると思われる。

フィルミーノがUFLのアンバサダーに就任

2021年10月2日、ストライカーズ・インクはサッカーゲーム「UFL」について、元ブラジル代表のロベルト・フィルミーノがアンバサダーに就任したと発表した。

UFLのロベルト・フィルミーノ
画像出典:UFL

スポンサードリンク

UFLの発売日

UFLは、発売延期になると、ユーザーを失望させるとして、発売について公表していない。社内ではゲームをプレイしているが、完成していないゲームを公開する予定はない。

ただし、噂によると、2021年内か2022年の始めに発売される説が有力である。ゲームプレイ動画は用意できないが、9月か10月ごろに動画と写真を公開するという噂がある。

FIFAやウイイレとは競合しない?

私が受けた印象では、UFLはサッカーゲームのトップを目指さないようだ。だから、FIFAやeFootball(ウイニングイレブン)などとは競合しないと考えているようだ。

おそらく、UFLは、FIFAやeFootballに不満を持つサッカーファンやサッカーゲームファンの受け皿となり、一定規模のコミュニティーを形成することを目指しているのだと思う。

だから、利益を追求するようなガチャなどを排除して、純粋な実力だけで勝負を争うサッカーゲームとなり、実力だけで勝敗を決めたいユーザーが集まるようになると考えられる。

UFLの評価

UFLは開発中であり、プレイ動画などは発表されていないが、サッカーゲームのユーザーが集まり、ウイイレやFIFAを研究して作っているので、ゲーム面も非常に期待できる。

また、「フェア・トゥー・プレイ」というゲーム性であり、勝敗を決めるのはユーザーのスキルだけで、課金の要素が一切、勝敗に影響を与えないという点もサッカーゲームの理想型であり、評価できる。

UFLの感想

UFLは課金の要素が、装飾品に限られ、課金は試合の結果に一切、影響を与えないというシステムである。

これは、数年前に私がウイイレをやっていた時に考えたシステムと同じだ。

たとえば、ウイイレのマイクラブでは、オリジナルのチーム名を付けても、実況ではチーム名を呼んでくれない。

だから、課金をしてオリジナルチーム名を実況で呼べるようにするべきだと考えていた。

また、スパイクやユニホームに課金をして、ガチャなど試合に影響する課金要素は完全に廃止するべきだと考えていた。

さらに、ゲームをプラットフォームにして、ゲームの周辺でビジネスを展開し、ウイイレからガチャの要素を無くすべきだと、私は提唱していた。

私が数年前に提唱した事を「UFL」が実現しようとしており、非常に楽しみだ。

おそらく、「UFL」は大成功はしないだろうが、ある程度の経済圏を確立して第3のサッカーゲームとして成功すると思う。

スポンサードリンク

コメントを投稿する