PS4のコントローラーが充電できなくなった時の解決方法

PS4のコントローラーが充電できなくなった時の私の解決方法を紹介します。

コントローラーが充電できなくなった

ウイイレをしばらくやっていなかったので、久しぶりにウイイレでもしようとかと思ったのだが、PS4のコントローラーのバッテリーが切れており、ウイイレが出来なかった。

そこで、対処法をネットで調べてみたが、コントローラーが充電できない原因は主に下記の3つだった。

  1. 機械的な故障
  2. バッテリーの寿命
  3. 接点不良

ネットの情報などを頼りに、色々と試してみたが、ダメだった。充電コードは携帯電話にも使用しており、携帯電話が充電できるが、なぜかPS4のコントローラーは充電できないので、接触不良の可能性が大きい。

修理に出すよりも買い換える方が安いのだが、こんな先行きが不透明な時代で、不景気な時代に新しいコントローラーを買う余裕も無いので、もうPS4は諦めていた。

しかし、ちょひょんなことから、パソコンにUSBコードを突き刺して充電してみると、充電が出来た。ただ、フル充電はできず、メモリ1で充電が止まってしまうが、とりあえずはゲームが出来るようになった。

スポンサードリンク

充電方法のまとめ

私はUSBハブを経由して充電していたのだが、パソコンに直接USBケーブルを挿すことで、コントローラーが充電できるようになった。

この辺は、人それぞれに環境が違うので、なんとも言えないが、コントローラーが充電できない場合は、コードや差し込み口を変えたり、してみると良いだろう。

ワイヤレスはバッテリーの寿命があるので、次に買うのなら、有線にしようと思います。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントの反映に時間がかかります。

スポンサードリンク