WordPressのHTMLとCSSの圧縮プラグイン-レスポンシブ編

WordPressで定番となっているプラグイン「W3 Total Cache」を使用していたが、レスポンシブデザインのテンプレートを使用したところ、デザイン崩れが起きた。

調べてみると、W3 Total Cacheの「minify」が原因だと判明したので、W3 Total Cacheの「minify」設定をい解除した。

プラグイン無しでHTMLとCSSを成形できないかと思って調べてみたが、他のプラグインと競合するような可能性があるので、諦め、新しいプラグインを導入することにした。

色々と調べてみると、「Autoptimize」が良さそうなので、試した見たところ、ほぼ、思い通りの結果になった。

ただし、「Optimize CSS Code?」にチェックを入れると、Googleのモバイルフレンドリーテストで点数が下がってしまったので、CSSの圧縮については諦め、「Optimize CSS Code?」はチェックを外した。

結局、設定は「Optimize HTML Code?」にだけチェックを入れ、HTMLの圧縮だけにした。

なお、「Autoptimize」はキャッシュが溜まっていくらしいので、ときどき、キャッシュの削除が必要になるようだ。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク