タニタの「においチェッカー」ES-100のレビューと評価

ワキガや体臭のチェック目的で購入したタニタの「においチェッカー」ES-100のレビューと感想です。

簡単な使い方の説明

タニタの「においチェッカー」は、本体の上部を回転させると、センサーが出るようになっており、匂いを計測する場所にセンサーを近づけて臭気を測定する。

使い方は、非常に簡単で、難しいということは無い。設定も無く、センサーを近づけて少し待つだけで匂いが測定できる点は評価できる。

気になる点

においチェッカー「ES-100」は、本体が折りたたみ式の携帯電話くらいの大きさで、持ち運びできるため、携帯して外出先でも使おうと思ったが、使用するときに「ピピピッ」という大きな電子音がするため、外出先では使うのは気が引ける。

電子音は少し大きいので、電子音を消す設定は無いのかと思って説明書を読んでみたが、説明書を読む限りでは、電子音を消す方法は無い。

外出中に車の中で使用するという方法なら良いと思うが、取引先のトイレで体臭をチェックスというような場合には向かないと思う。

使用した感想と評価

においチェッカー「ES-100」の肝心の臭いの測定性能だが、私が使用した限りでは、臭いの測定性能は悪いと思う。

夏場に2日間、お風呂に入らずに、脇の下の臭いを計測してみたのだが、センサーの判定は「0」だった。

また、夏場に1日間、洗わずに放置したTシャツからツーンとする悪臭がしていたので、測定してみたが、センサーの判定は「1」だった。

人間の鼻で嗅ぐと臭いのだが、においチェッカー「ES-100」で計測すると、判定は低いので、あまり役に立たないような気がした。

1日間、歯を磨かずにセンサーに息を吹きかけると、判定は「4」だったので、壊れている分けでは無いと思う。

私はアメ耳なので、ワキガ用ににおいチェッカー「ES-100」を購入したのだが、ワキガは測定できないのだろうか?

1週間ほど使ってみたが、使用するときに「ピピピッ」という大きな電子音がするため、使うのに気が引けるし、測位結果もイマイチ信用できない気がする。

1万3000円も出してにおいチェッカー「ES-100」を購入するのなら、タニタから出て居る3000円程度の口臭チェッカーを購入した方が良いのでは無いかと思う。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク