陸王-茂木裕人(竹内涼真)のネタバレ感想文

ドラマ陸王に登場する茂木裕人のキャストが竹内涼真に決定したので、茂木裕人のネタバレ感想文を書いておきます。

茂木裕人のネタバレ

原作に登場する茂木裕人(竹内涼真)は、ダイワ食品の陸上部員で、次世代のエースとして目されていたのですが、怪我をしたため、契約をしていたスポーツ用品大手「アトランティス」からサポート契約を打ち切られてしまいます。

しかも、茂木裕人(竹内涼真)は、ライバルだった毛塚直之からも無視されるようになってしまいます。

しかし、マラソン足袋・陸王を開発して経営を再建しようとする足袋屋コハゼ屋からサポート契約を持ちかけられて、茂木裕人(竹内涼真)は陸王を履いて復活します。

これに驚いたアトランティスは、茂木裕人(竹内涼真)との契約を取り返すため、足袋屋コハゼ屋に妨害工作を行い、陸王を作れないようにコハゼ屋を追い込んでいきます。

こはぜ屋は、アトランティスの妨害工作により、素材を仕入れられなくなり、窮地に追い込まれるのでした。

一方、茂木裕人(竹内涼真)は、アトランティスからコハゼ屋の悪口を吹き込まれコハゼ屋に対して不安や不信感を抱くようになっていきます。

最終的に、茂木裕人(竹内涼真)はアトランティスかコハゼ屋を選ぶことになるなり、コハゼ屋の陸王を選んでライバルの毛塚直之にも勝ってハッピーエンドを迎えました。

茂木裕人(竹内涼真)の感想

銀行は「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」と言われているように、業績が良いときに近寄ってきて融資してくれるが、業績が悪くなると直ぐに融資を引きあげる。

だから、原作「陸王」に登場するスポーツ用品大手・アトランティスは、まるで銀行のようだと思った。

アトランティスは、茂木裕人(竹内涼真)とサポート契約を結んでおきながら、怪我をすると切り捨てており、血も涙もない。

苦しい時に助けてこそ、本当のサポートであり、その苦しさを一緒に乗り越えてこそパートナーではないのか。

それに対し、コハゼ屋は怪我をしてどん底に居る茂木裕人(竹内涼真)に手をさしのべており、これこそ本当のサポートだと思った。

茂木裕人(竹内涼真)は、最終的にアトランティスとコハゼ屋の選択を迫られるのだが、コハゼ屋を選んで大正解だと思う。

アトランティスを選ぶと、再び怪我をしたり、選手として低迷したときに、ポイ捨てされるだろう。

それに、コハゼ屋には苦しい時に助けて貰った恩もあるので、いくらアトランティスの条件が良くても、コハゼ屋を選ぶのが正解だと思う。苦しい時に見捨てずに助けてくれる相手が、本当のパートナーだと思う。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク