止めよう自転車の無灯火運転

お正月にアイスクリームを食べ過ぎたため、1月も頑張ってダイエットのために散歩をしています。

私は、よく夜中に懐中電灯を持って田舎道を散歩しているのですが、最近、危険な目に遭ったので紹介しておきます。

車が来たら危ないので、私はほとんど車も人も通らない田舎道を選んで散歩しています。田舎道というのは、街灯やコンビニが無いので、かなり暗いので、懐中電灯を持って散歩してます。

それで、昨夜の夜も田舎道を散歩してたら、突然、目の前でゴホゴホという咳払いが聞こえてきたんです。私が驚いてパッと懐中電灯を照らしたら、少し前に無灯火の自転車が走っていたんです。

私は驚いて横へ逃げたので事故にはなっていないのですが、自転車の無灯火って本当に危ないので気をつけましょう。なんで電気を付けないのでしょうか?不思議です。

後で気づいたのですが、ゴホゴホという咳払いは自分の存在をアピールするための咳払いだったんですね。普通のママチャリのようだったんですが、自転車にベルも付けていないのでしょうかね。

最近、自転車の事故で1億円近い賠償命令が出たというニュースがありました。自動車の事故はボディーが衝撃をある程度吸収してくれるのですが、自転車の事故はワンクッションが無いので、スピードが出ていなくても大けがに繋がることがあるんです。

最近は減ったようですが、たまにスマホを操作しながら自転車に乗っている人を見かけます。

自分が気をつけていても相手から突っ込んでくる事もあるので、私は自転車が近づいてきたら、逃げるようにしてます。みなさんも自転車には気をつけましょう。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク