はじめまして、愛しています。-第3話の感想文

尾野真千子が主演するテレビ朝日のドラマ「はじめまして、愛しています。」の第3話の感想文です。

はじめまして、愛しています。-第3話の感想文

ドラマ「はじめまして、愛しています。」の第3話で、梅田一(横山歩)が「試し行動」を起こしました。

試し行動とは、虐待を受けた子供が里親を試すためにとる異常行動です。試し行動によって、子供は「里親が自分を受け入れてくれるのか」をテストするのです。

試し行動をとるようになった梅田一(横山歩)は、食べ物をまき散らしたり、引き出しの中の物を全てまき散らしたり、ソファーを破いたりしました。

私なら、あんなに大変な「試し行動」をされたら耐えられないと思います。3日も我慢できずに梅田一(横山歩)を施設に返すと思います。

私は梅田一(横山歩)の試し行動を見て、どうしてこんな事をするのだろうかと不思議に思いました。

パンダは生き残るため、人間に好かれるように進化したとも言います。犬や猫も可愛いです。人間に好かれるために進化してきたのでしょう。

私はドラマ「はじめまして、愛しています。」の第3話を見ていて、「梅田一(横山歩)が里親に好かれるような行動を取れば良いのに」と思いました。

しかし、梅田一(横山歩)が里親に気に入られようとせずに、「試し行動」という異常行動を取り、里親の梅田美奈(尾野真千子)や梅田信次(江口洋介)を試すのは、子供がペットではなく、人間だからのような気がしました。

だから、犬や猫をもらう感覚で特別養子縁組をしてはいけないと思いました。

最終回のポイントは梅田一(横山歩)の年齢?

さて、「はじめまして、愛しています。-最終回と結末の予想」でも書いたのですが、私は最終回と結末のポイントになるのは、梅田一(横山歩)の年齢だと予想してします。

第3話で梅田信次(江口洋介)が義父・追川真美(藤竜也)に梅田一(横山歩)を紹介したとき、「5歳くらい」と言っています。

「5歳くらい」ということは、梅田一(横山歩)の正確な年齢は判明していないと言う事なのでしょう。最終回はやはり、年齢がキーワードになりそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク