ネタバレ感想文-CUT・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

フジテレビのドラマの原作となる内藤了の小説「CUT・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」の犯人ネタバレ感想文です。

CUT・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子のネタバレ感想文

内藤了の小説「CUT・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」がドラマ化されるということで、読んだ。

小説「CUT・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」は、幽霊が出るという幽霊屋敷で殺人事件が発生し、スーパー記憶力を持つ藤堂比奈子が捜査するという話だった。

殺害された被害者に、共通するストーカー横山宗一郎が犯人と思われたが、横山宗一郎は単なるストーカーで犯人ではなかった。

なんと、真犯人は、大判焼きを大量に食べ、「太鼓おばさん」と呼ばれていたクリーニング店の太った従業員トヨだった。

真犯人トヨは、本名を佐藤都夜(さとう・つや)と言い、元モデルをやっており、今は太っていたが、モデル時代のプライドを引きずっていたようで、そういうプライドが原因でクリーニング店の客を次々に殺害していた。

「CUT・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」の感想

「CUT・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」は全体的なあらすじでは面白かったが、犯人・佐藤都夜の犯行の動機など、細かい部分は、分かるような、分からないような感じだった。読み終わると、なんとなく不完全燃焼という印象が残った。

また、中島保の「意識潜入」についても、単なる「プロファイリング」になっていたので残念だった。

前作の意識潜入は、退行催眠で犯人の潜在意識に入って犯人の意識に同化していくように描かれおり、中島保は犯人の意識を共有して苦悩する様子が描かれていた。

今作は、藤堂比奈子から事件の詳細を聞いて中島保が意識潜入するのだが、事件の状況や現場に残された証拠から犯人を絞り込んでいく「プロファイリグ」とどう違うのか、よく分からなかった。

もう少し、「意識潜入」と「プロファイリング」の明確な違いのような描写が欲しかった。

以前、内容は三文小説なのに、警察の専門用語(隠語)を使っているだけで、「本格派の刑事小説」と売り出していた小説があったが、そういう方向には進まないように頑張って欲しい。

小説「CUT・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」は、映画「羊たちの沈黙」のような感じなので、「羊たちの沈黙」のようなストーリーが好きなら、お薦め出来ると思う。

スポンサードリンク

スポンサードリンク