せいせいするほど、愛してる-宮沢綾のネタバレ感想文

北川みゆきの原作漫画「せいせいするほど、愛してる」に登場する宮沢綾のネタバレ感想文です。

せいせいするほど、愛してる-宮沢綾のネタバレ感想文

北川みゆきの原作漫画「せいせいするほど、愛してる」を読んだ。面白かった。原作漫画「せいせいするほど、愛してる」のなかで、一番、面白かったのは、宮沢綾だった。

宮沢綾は、ライバル会社「ボーテ・ド・ドラジェ」の敏腕営業マンで、ロワール化粧品の栗原未亜をヘッドハンティングするために近づいたが、栗原未亜を本気で好きになってしまう。

しかし、栗原未亜は妻の居る副社長・三好海里と付き合っているので、宮沢綾は2人の間に割って入ろうとするが、栗原未亜とは関係をもてなかった。

そのようななか、栗原未亜と副社長・三好海里が密会の現場を週刊誌に撮られてしまう。

すると、栗原未亜は副社長・三好海里を守るため、「私は宮沢綾と婚約している」と嘘を言い、副社長・三好海里との関係を否定した。

このチャンスを受けた宮沢綾は、栗原未亜の嘘に便乗して婚約を認め、栗原未亜の弱みにつけ込んで栗原未亜との同棲を開始する事に成功する。

宮沢綾は何度も栗原未亜を襲うのだが、関係をもつことに失敗。最期のチャンスも栗原未亜が直前で失神してしまったため、関係を持つ事が出来なかった。

結局、宮沢綾は栗原未亜と一度も結ばれること無く、栗原未亜と副社長・三好海里が結婚するという結末を迎えた。

原作漫画「せいせいするほど、愛してる」を読んで、宮沢綾が面白いともったのは、宮沢綾は何度も栗原未亜を襲っているのに、2人は仲が良い点である。

普通なら完全に宮沢綾は逮捕されるレベルなのだが、なぜかその後も栗原未亜と同居を続けているし、栗原未亜を大阪にも連れて行いき、友達の結婚式に出席している。

しかも、宮沢綾は最終巻で、栗原未亜にキスをして「10年後も一人やったら、もろたるわ」と告げると、栗原未亜は喜んでいる。

男女の関係というのは、一言では言い表せない深い者がある。男と女の関係は全く不思議なものだと思った。

写真を撮った犯人

栗原未亜と副社長・三好海里の密会現場が週刊誌に撮られたため、宮沢綾は栗原未亜との同棲に持ち込むことが出来た。

だから、私は宮沢綾が栗原未亜と同棲するため、写真を撮って週刊誌に送った。もしくは、宮沢綾が情報を流して週刊誌に写真を撮らせたと思っていた。

しかし、そのような描写はなかったので、宮沢綾は犯人ではなく、単純に週刊誌が写真を撮ったようだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク