ウイイレの過疎化とツシマの神アップデート

コナミのサッカーゲーム「ウイニングイレブン」の過疎化が進行してるようだ。

ウイイレの過疎化が進行中

ウイイレ2020は7月ごろからマッチングに非常に時間がかかるようになった。マッチングしないこともあるので、かなりの過疎化が進行してるようだ。

9月にウイイレ2021が発売されるので、ある程度の過疎化は避けられないと思うが、7月での過疎化は例年よりも早い気がするので、やはり事故ゲーとエフェクトのせいだろう。

ログインにも時間がかかるのでログインの回数も減ってきたし、事故ゲーとエフェクトのせいで、私も試合開始1分もしないうちにやる気が無くなり、放置するようになったきた。

なぜ、こんな事故ゲーにしてストレスが溜まるような仕様にしたのだろうか。甚だ疑問である。

ガチャも不要な選手が被ってばかりだし、ガチャの演出をイチイチ飛ばすのが面倒になってきたので、ガチャすら引かなくなった。

だから今は「ゴースト・オブ・ツシマ」というゲームをやっているのだが、「ゴースト・オブ・ツシマ」は非常に面白い。

「ゴースト・オブ・ツシマ」はアップデートで、「万死」という難易度が追加されたのだが、これが神アップデートで面白い。

ただ難しくなるだけではなく、こちらの攻撃力も上がり、1撃で敵を倒せるので、爽快感があるし、武士っぽい雰囲気が出ていて面白い。

ウイイレもエフェクトを排除して、「ゴースト・オブ・ツシマ」のように神アップデートで面白くして欲しい。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク