ウイイレ2022は新エンジンの採用を決定

コナミのサッカーゲーム「ウイニングイレブン2022」は新型エンジンを採用する事が分った。

ウイイレ2022は新エンジンを採用

コナミ公式発表によると、ウイイレ2022は新エンジンを採用し、「新エンジンは、我々の制作コンセプトである"The Pitch is Ours"を実現するべく、選手モデル、アニメーション、物理表現、グラフィック、サウンド、コントロールといったゲームプレイを構成するすべての要素を大きく進化させます。」という。

しかし、コナミの発表を見る限り、あまり期待できないように思う。これは単にグラフィック面が新しくなると言っているだけで、AIには一切言及されていないからだ。

私は思うに、ウイイレで進化しているのはグラフィックだけで、AIは全く進化していない。

たとえば、ウイイレ2020でRMFがサイドをドリブルしていると、味方のFCが近づいてきてRMFということが、何度もあった。

ウイイレは25周年をアピールしているが、25年もウイイレを作っているのに、味方が味方にぶつかるようなAIしか作れないのだろうかと疑問に思う。

将棋ゲームの駒が実写になったら面白くなるのか?という問題と同じで、ウイイレも大事なのはフラフィックではなく、AIである。

そもそも、グラフィックを綺麗にすれば、ゲームがおもしろくなるのであれば、ウイイレ2020は絶賛の嵐のはずだ。

だから、AIが向上しない以上は、ウイイレ2022も期待できないということだ。

スポンサードリンク

コナミエフェクトは廃止すべき

結局、毎回、毎回、「結局はコナミエフェクトか」という結論になって止めるので、いい加減にコナミエフェクトは廃止するべきだ。

どんなに良作を作っても、コナミエフェクトが入っていればクソゲーになるので、ウイイレ2022ではコナミエフェクトの完全廃止を宣言するべきだ。

重要なのはストレス度

ストレスが溜まると免疫力が低下して病気に感染するリスクが増えるので、私はストレスの溜まるゲームはやらないことにしている。

ウイイレ2020もストレスが酷かったので直ぐにやめた。2022もストレスが溜まるのなら、直ぐにやめるので、2022で注目するべき点はストレスだと思う。

2022も事故ゲーでストレスが溜まるのなら、早々に止めて他のゲームに移る予定だ。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク