ON・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子-ネタバレ感想文

内藤了の小説「ON・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」のネタバレ感想文です。

ON・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子-ネタバレ感想文

小説「ON・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」を読んだ。初めて読んだ作家の作品だが、サクサクと読め、面白かった。

登場人物が個性豊かだったし、主人公・藤堂比奈子の着メロ「トンでもねえうまさだぜ、信州ポーク」も欲しくなった。

犯人・大友翔のネタバレ感想文

女性を次々を友愛していた犯人は、吃音の店員・大友翔だった。

大友翔は、15年前に少女友愛事件の犯人で、少年院に入っていたが、イケメンだったので、出所後は名前を変え、声を掛けてきた女性の所を点々としていた。

私は小説「ON・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」を読んで恐ろしいと思った。過去に少女を友愛した犯人が、普通に少年院を出所して、普通に社会で生活し、再び友愛を繰り返しているからだ。

もしかしたら、私もどこかで、犯人と接触しているかもしれないし、何かの弾みで犯人に付け狙われるかもしれないと考えると、それはとても恐ろしいことだと思った。

犯人・大友翔(小林翔太)の動機

犯人・大友翔(小林翔太)は、幼少期に母親から虐待されており、犯行の動機は母親に対するトラウマだった。

しかし、私は過去のトラウマを犯行の動機にするのは好きではないため、犯人・大友翔(小林翔太)に感情移入も共感もできなかった。

確かに、母親から虐待を受けたことには同情するが、だからといって女性を友愛して良いはずがない。そうした経験があるからそこ、他人の痛みを理解し、他人に優しく出来る人間になって欲しかった。

真犯人の正体は中島保だった

過去に罪を犯した者が次々と謎の死を遂げていた事件の真犯人は、中島保だった。中島保は、ハヤサカ・メンタルクリニックの研修医で、ドラえもんに登場する野比のび太に似ていることから「のび先生」と呼ばれている。

中島保は、脳の中に「自分自身に対して犯罪を行うスイッチ」を発見しており、過去に罪を犯した者のスイッチを入れ、謎の死を誘発していたのである。

もちろん、小説「ON・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」の中の設定であり、実際に犯罪のスイッチなどは存在しない。

さて、私は中島保が嫌いだ。中島保が真犯人だから嫌いなのではなく、殺人犯なのに苦悩して、悲劇のヒロインのような感じになっているからだ。

たしかに、中島保は、愛情を受けずに育った人を救うための研究をしていた。これはとても良いことだと思う。

しかし、中島保は、過去の罪を犯した者の「犯罪のスイッチ」を押したことについて、「自分が犯した罪の記憶、反復していた快楽記憶を被害者の立場で経験し、狂い死ぬか、ショック死する」と想定している。

つまり、真犯人の中島保は、「犯罪のスイッチ」を押せば、犯罪者が死ぬと分かったていたのである。

たとえ、どんなに素晴らしい理想や目標を持っていたとしても、死ぬと分かったうえで、「犯罪のスイッチ」のスイッチを押している以上、中島保は単なる殺人鬼に過ぎないと思う。

だから、そんな薄汚れた手で、藤堂比奈子を触らないで欲しいと思った。

結末のネタバレ感想文

女性を友愛していた犯人・大友翔(小林翔太)は、真犯人の中島保に「犯罪のスイッチ」を押されて自害し、事件は終結する。

真犯人の中島保は、大した罪にならず、検察は「犯罪のスイッチ」を押した罪を立件できずに頭を抱えるという結末だった。

小説「ON・猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」の結末はモヤモヤっとした終わり方だったので、私はスッキリしなかった。

真犯人の中島保は、犯罪のスイッチを押せば、押された者は死ぬと想定したうえで、犯罪のスイッチを押している。だから、中島保は自分自身に犯罪者のスイッチを押し、「スイッチを押す者」としてケジメを付けるべきだと思った。

スポンサードリンク

スポンサードリンク