FF7リメイクの感想

FF7リメイクの体験版が出たので、体験版をやってみました。今回は体験版の感想となります。

FF7リメイクの感想

体験版でプレイできるのは、魔晄炉を爆破するミッションだけで、1時間ほどのボリュームでした。

グラフィックはかなり綺麗で、このグラフィックでFF7をプレイできるというは、ファンなら涙ものだと思います。

ストーリーの方も手が入っているらしいので、製品版はかなり楽しみです。カメラワークが少し堅いと思いましたが、許容範囲です。製品版では設定で微調整できれば、さらに良いと思います。

一方、残念だったのが、戦闘システムです。

シームレスで戦闘に入れるのは良いのですが、戦闘は、ただ□ボタンを押すだけの事務作業でした。

戦闘に特化した死にげーの「仁王2」をやった直後だったので、FF7の戦闘はつまらないと思いました。

それに、私は、REGはコマンドバトル制が好きなので、戦闘はコマンドバトルとアクションの選択制にするべきだと思いました。

MPも戦闘中に自動回復するようです。体力回復魔法「ケアル」を使い放題という感じで、戦闘に緊張感がありませんでした。

RPGは、ボス戦までMPや回復薬を節約したり、ターン制だと、体力が少なくなってピンチになると、「頼む!早く自分の番まで回ってこい」と思う緊張感があって楽しいのですが、アクション性になったうえ、MPも自動回復では、戦闘に緊張感が得られませんでした。

FF7リメイクは、「ストーリー」「派手」「スピーディー」などを重視した代わりに、RPGの面白さを捨てている部分が多く、もったいないと思うゲームでした。

また、「話しかける」や「調べる」が△ボタンだったり、ダッシュがR1+L1だったりするので、操作に違和感がありました(設定で変更できると思いますが)。

戦闘システムはターン制にして欲しかったという不満が残るのですが、戦闘システム以外は評価できるので、FF7リメイクは購入します。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク