どこでもセンサーライト300(ムサシ・ASL-097)のレビュー

仕事部屋に改装中の納戸が暗いので、乾電池のセンサーライトを探しており、今回はムサシの「どこでもセンサーライト300(ASL-097)」を購入したので、簡単にレビューします。

どこでもセンサーライト300のメリット

LEDが3W(最大300ルーメン)なので、とにかく明るいです。私が今までに使用してきた乾電池式のセンサーライトの中では一番、明るい。光はオレンジ色で、暖かい感じの明るさだ。

以前に購入した「どこでもセンサーライト(ASL-090)」も1Wで、そこそこ明るかったのだが、3Wになると、明るさが段違いである。

乾電池式のセンサーライトは、本体が明るくなるだけで、周囲までは明るくならない商品が多いのだが、今回購入した「どこでもセンサーライト300」は周囲までちゃんと明るくしてくれる。

明るさは3段階で調節できるが、電池の持ちが心配なので、「中」で使用している。「中」でも十分に明るい。

おそらく、乾電池式のセンサーライトでは最強だろう。

スポンサードリンク

どこでもセンサーライト300のデメリット

乾電池が単1というのは、大きなデメリットだ。単3のエネループが使えないというのは、辛い。使用する本数が多くなってもいいので、単3を使用できた方が便利だと思う。

また、センサーの反応が遅いという点もデメリットだ。反応が悪いというか、ふわーっと明るくなる感じで、もう少しパッと明るくなって欲しいと思った。

あと、センサーの感度が良すぎる。まだ十分に明く、ライトなど必要ないのに、センサーライトが反応するので、電池の持ちが心配だ。もう少し暗くなってから反応するように改善して欲しい。

総合評価

電池やセンサーなど改善の余地はあるが、とにかく明るいので、現時点では最強の乾電池式センサーライトだと思う。他の安物を色々と買って後悔するよりは、初めから「どこでもセンサーライト300」を買った方が良いと思う。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク