モンベルのサーマラップ・パーカ(ジャケット)とパンツのレビューと評価

モンベルのサーマラップ・パーカとパンツを使用して1年が経過したので、防寒着として使用した感想をレビューします。

部屋着としての感想

アンダーウエアはモンベルのスーパーメリノウール EXP(上下)を着て、その上にモンベルのサーマラップ・パーカとパンツを着用している。

この服装で、椅子に座ってのPC作業をしていると、室温14度くらいが限界だった。室温14度だと、少し寒いと感じ、もう1枚羽織りたくなる。

それで、サーマラップ・パンツの上に、ユニクロで購入した大きめのガーコパンツを履き、サーマラップ・パーカの下にパタゴニアのナノエアを着ると、室温14度だと、熱くも無く、寒くも無く、快適に過ごせた。

ただ、室温が10度を下回ってくると、サーマラップとナノエアでも肌寒く感じる。

散歩の防寒着としての感想

モンベルのスーパーメリノウール EXP(上下)に、サーマラップ・パーカとパンツで散歩してみた。

気温6度だったが、風が強めだったので、少し肌寒く、歩き始めたときは、もう1枚欲しいと思った。

30分ほど歩いていると、少し汗ばんできたが、暖かいという感じては無く、やなり、少し肌寒いような感じで、もう1枚羽織りたかった。防風性能が低めなのかもしれない。

サーマラップ・パーカとパンツの洗濯

洗濯は他の衣類と一緒に洗濯機に入れて洗濯している。洗剤も普段使っている粉のアタックを使用している。

特に洗濯で気をつけていることはないが、サーマラップ・パーカとパンツは水に浮かないてくるので、最初にサーマラップ・パーカとパンツを入れ、上から他の洗濯物を入れるようにしている。

この方法で1年ほど経過したが、特に問題は無い。

干すときは部屋干しにしているが、乾くのが早いのでありがたい。

モンベルのサーマラップ・パーカとパンツの感想と評価

これは登山服ではなく、あくまでも防寒着として評価になるが、軽い点は評価できるが、運動をしない室内用の防寒着としては物足りないと思った。

ただ、モンベルのサーマラップは、生地がシャカシャカ音を立てないし、軽いので、その点は部屋着に向いていると思った。

室温が10度以下になると、サーマラップの下に、ポーラテックのサーマルプロを使用したスリースを着たり、ユニクロのダウンを着たりして対応すれば良い。

釣りに行く場合は、サーマラップだと防風性が足りないので、上から雨合羽など着れば良いと思う。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

スポンサードリンク